オリジナルクリーンブース「KINSENクリーンブース」

「KINSENクリーンブース」は、当社設計のオリジナルクリーンブースです。

側面フィルムカバーは、二重構造のため安定した室内温度を保てます。又防音効果もあります。下部の横フレーム粉塵がたまる事もなく、快適な作業環境を維持することができます。ドアは引き戸。大きな機械等の出入の場合はフルオープンにもなり、開閉にも当社独特のこだわりブース。価格もお値打ち。是非KINSENブースをお試しください。

BKS-Aタイプ〜Cタイプまでコストと性能によってお選び下さい。

ユーザー様でも2人で簡単に組立てられる、Aタイプブースの組立手順をご紹介致します。

BKS-Aタイプの組立手順

1

ルーフの組立。定位置にルーフパーツを並べます。

2

T型コーナーにフレームを差し込みます。

3

付属のビスで固定します。

4

ルーフ枠の完成です。

5

ルーフにFFU(ファンフィルターユニット)用のラックを乗せて固定します。
(※ラックはFFUのサイズに合わせて制作。)

6

超強力両面テープをフレームに接着します。

7

テープをはがし帯電防止フィルムを密着します。
(ピンと張って下さい。)

8

コーナーには、こんな感じで余分な部分が出てきます。

9

余分な生地をハサミでカットします。

10

ルーフの完成です。

11

片側のルーフを上げ、柱を差し込みます。

12

反対側も上げ、柱を差し込み、各コーナーにビス留めをします。

13

レッグを差し込みます。

14

レベルアジャスターの向きをよく確認してください。

15

レベルアジャスターは、組立完成後の調整となります。

16

柱に両面テープを接着。

17

三方向(出入口以外)に帯電防止フィルムを接着。

18

ブース完成。正面出入口レールをビス留めをし、帯電防止カーテンを差し込んで完成。

BKS-Cタイプ

当社オリジナルブース「KINSENクリーンブース」。
室内環境を考えたオールマイティブースです。
側面のフィルムを二重構造とし、室内温度の安定確保、防音性の向上をねらいます。今まで粉塵がたまりやすかった下部のフレームは二重構造によって回避されました。出入口はカーテン式や、オーバーラップ式に比べ非常にスムーズな引戸型。さらに機械や大きな台車が搬入出できるためのフルオープンドア。作業性を考えた今までにない出入口システムです。

引き戸ドアスライド状態。

引き戸ドア全開放状態。

フルオープンドアスライド状態。

フルオープンドア全開放状態

フレーム断面図。

運送・流通系

KINSENクリーンブース